‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

注意!二輪車は小さい!実際よりも遠くに見える?

2015/05/23

車とバイクにおける交通事故は多発していますが、そのなかでも上位を占めているのが、交差点で直進してくるバイクと右折する車によるものです。
同じような状況でも、車と車の場合とバイクと車の場合では事故率に差があります。
なぜこのような差が出るかというと、対向してくるバイクは車の運転手側から見ると、実際出ているスピードよりも遅く感じられ、また、距離も離れているように見えてしまいます。
その為に車のドライバーは、「まだ距離があるから大丈夫だろう」という判断ミスをしてしまい、右折を始めてしまいますが、実際にはバイクのスピードが出ている為に接触してしまい事故を起こしてしまいます。
これ以外にも駐車場から出る場合や、合流する場合にも同様に、後方から来るバイクのスピードを見誤り、車線に出たら接触、追突されてしまうという状況もあります。
しっかりと目視して十分に安全を確認したつもりでも、目が錯覚を起こしてしまっているので事故を起こす確率が高まってしまうのです。
ですので、車のドライバーは公道において二輪車は自分が思っているよりも速いスピードを出している場合があるということや、目が錯覚を起こしやすいということをしっかりと理解した上で車を走らせる必要があります。

危険なものほど吸い寄せられる理由とは

2015/05/23

運転をしていると、危険を感じたり、興味を惹かれるものを発見したりと、無意識のうちに視線が集中してしまうことがあります。たとえば前を走るトラックに近づきすぎて危険だと思っていても、ますます近づいてしまったりすることがあります。それは、人間の意識は深く視覚と結びついており、良くも悪くもより強く意識が向くもの、興味が惹かれるものに視線が集中してしまうためです。
このことを視覚吸引作用といい、ある対象のみに視線が集中し周囲が見えなくなりドライバーにとっては非常に危険な状態だと言えます。さらに問題なのは危険を感じるものに視線が集中しウェディング10てしまうとそれに近づいてしまうものです。視覚は五感の中でも最も情報量が多く脳が最も頼りにしている情報源であるために、危ないと思っていても近づいていってしまうのです。
このような目の錯覚は、ほかにも上り坂なのにスピードが上がってしまったり、下り坂なのに急にスピードが落ちてしまったという現象も引き起こします。これは上り勾配を例にとると今走っている上り勾配の先に緩やかな上り勾配が続いていると、目の錯覚で下り勾配に見えてしまい下り坂なのにスピードが落ちてしまったと感じるのです。
目の錯覚は誰にでも起こりうることなので、防ぐことは難しいが知識として知っているだけで、危険を感じたりしたら落ち着いて意識的に周囲に視線を配ることが大切です。

しっかり見ているのにも関わらずぶつかりそうになる理由について

2015/05/23

自動車の運転に関しては、常に安全性を考慮することが必要とされており、交通法規などに関しては、常に遵守して走行させることが必要になります。一般的には走行中に関してはドライバーは常に前を向いてハンドル操作を行うことが求められていて、同時にアクセルやブレーキ、ウインカーなどの操作に関しても、勿論大切な行動を取ることが必要とされています。そんな中、しっかりと前を見ているのにも関わらず、追突してしまいそうになってしまうという現象があります。この点に関してはドライバーの性格やその時の状態によっても大きく異なる部分があり、例えば初心者の場合では、あまりに真剣に前方だけを確認するあまりに、周囲が見えない状態に陥ってしまうケースも見られます。したがって、走行中には前方だけではなく、左右、そして後部に対しても十分に配慮しながドライビングを行うことが大切になります。また、前を見ているつもりであっても、考え事をしている状態の方も存在しています。このケースではドライビングにある程度慣れた方に多く起きることが多いものとしても知られているのですが、走行中に関しては、やはりドライビングに集中しなければならない部分とされているために、心配な方は停車を行って、リフレッシュを行うことも良い方法です。

上り坂なのにスピードが出る理由とは

2015/05/23

坂道を運転していると、目の錯覚を起こして危険な場合があります。たとえば、長い下り坂が続いているような道において、今走行している下り坂の先に、さらに緩やかな下り坂が続いている場合、その緩やかな下り坂が上り坂のように見えてしまうことがあります。ドライバーは上り坂だと思うので、下り坂ではあまり踏み込まなかったアクセルを強く踏み込もうとします。すると、思っているよりも急にスピードが出てびっくりしてしまいます。下り坂でアクセルを踏ウェディング09み込むのですから当たり前ですね。

これとは逆に、上り坂が続いているような道で、今上っている坂道の先に、さらに少し緩やかになった上りが続いていると、そこが下り坂に見えてしまうのです。そのため下り坂なのに、思った以上にスピードが出ないと思ってしまいます。このような坂道での錯覚は、人間の目が今いるところがだんだんと平面に見えてしまうことにあります。そのために、その先に続く道が同じ坂道であっても緩やかな道に変化していると、上りが下りに、下りが上りに見えてしまうことがあるのです。坂道のドライブでは、このような錯覚を起こすことがあることを意識して、アクセル操作には慎重になる必要があります。

目の錯覚がもたらす危ないシーンとは

2015/05/23

運転をしている最中に錯覚によってもたらされる危険なシーンとして、コリジョンコース現象と呼ばれるものがあります。
これは互いに同じ速度で走っている車が、見通しの良い交差点などで相手の認識をすることができなくなる現象のことで重大な事故に繋がりやすい危険な現象となっています。

互いに同じ速度で走行をしていると、常に相手の車というのは視野の中で同じ位置にいるため動いていないものだと錯覚をしてしまいます。
しかし、実際には双方が同じ速度で動いているため丁度交差点に差し掛かったところで、相手の存在に気づかずに事故を起こしてしまうことになるのです。
これは十勝型事故とも呼ばれるものとなっていて、見通しの良い場所で起きる事故となっているのです。
人間の感覚からいっても見通しの良い場所で、事故が起きるはずが無いという考えがあることで余計に事故が起こりやすいものとなっていて見通しが良いだけにスピードも出しやすく事故が発生してしまうと重大な事故となってしまいやすいものになっています。
このような事故を回避するためには見通しの良い交差点ほど、見落としがある可能性を考慮してスピードを落とし細心の注意を払って交差点を通過するようにしましょう。

幅寄せされているように見える理由

2015/05/23

車を運転しているとどうしても不思議な感覚に陥る事が稀に起こる事があります。それは実際には起こってはいない事がほとんどです。特に多いのがトンネル内の事柄で、多くの事例が幅寄せをされたと思いこんでしまう事です。実際には相手側の車は幅寄せを行ってはいないのですが、感覚的には相手の車が自分の方に寄ってきている風に感じてしまう事です。これはトンネルと言う特殊な空間による目の錯覚が生み出ウェディング08す現象なのです。
通常で片側2車線であれば相手の車が近寄ってきているとは感じないのですがトンネル内は照明が薄暗く、昼夜灯ではなくオレンジ色の照明を使用している点があげられます。昼間であれば明るい空間からいきなり暗い空間に入って行くのですから目のストレス値は急激にあがります。照明のいろも目に与えるストレスは非常に高くなり、緊張状態がかなり高くなり錯覚を感じてしまうのが実情です。ただでさえドライビングしているだけでかなりのストレスを感じている所に視野の狭窄が足される事で、相手の車が自分に近寄って来る感覚に襲われからです。この現象は車を操作する方には必ずと言っていいほど起こる現象なので、初心者だけではなくベテランドライバーにも確実に起こります。
スピードの抑制と心のゆとりをもった操作が事故等を未然に防ぐ要因にもなりますのでこのような現象を感じた場合は、安全確認を徹底する事が大事だと言えます。

豆知識!前を走っている車が見えなくなる理由

2015/05/23

自動車を運転するために大切になる部分としては、常に前方を確認することが必要とされていて、安全に走行させることが何より重要な項目とされています。しかし、道路状況や走行している場所によっては不思議な現象が発生してしまうことがあり、一定の注意を行うことが求められている内容を持っています。例えばトンネルなどを走行している時に、トンネル内を通過して屋外に出る瞬間などでは、天気の良い日の場合では特に太陽光によって眩しい光が目に入ってしまうことがあります。この場面では前方を走行している車両のボディカラーがホワイト系やシルバー系の場合では、特に消えてしまうような錯覚に陥ってしまうことがあります。これは蒸発現象とも呼ばれているものになり、目が明るさに慣れた際には、同じように明るいカラーの物体が見えなくなってしまう現象を言います。また、夕暮れ時などに空に夕焼けなどを目にする機会もあります。その際に前方の車両のボディカラーがダーク系の場合では、いわゆる溶け込みと呼ばれる現象によって、同じように視界から見えなくなってしまう現象が起きてしまうことがあります。これらは目の錯覚によって引き起こされるものになりますが、明るさが急激に変化するような場所では、予め車間距離を十分に保つことが必要とされています。

暗いとスピードが落ちたように感じる理由って?

2015/05/23

自動車の運転は視界に入ってくる情報からコントロールをしています。
スピードのコントロールもそのうちの一つです。目から入っていくるまわりの動きなどによって感じます。
そのような感覚を体感速度といいます。これは人間の感覚でもあり必ず正確であるというわけではありません。
例えば車体の低いスポーツカーと車体の高いウェディング07トラックなどでは感じる速度が変わってきます。やはり車体が低い自動車は路面に近いため、早く動いているように見え速度が出ているように感じます。
逆に車体の高い自動車は路面から離れるためゆっくりと動いて見えるのです。
これは自動車を乗っている時に遠くを見ているとゆっくりと動いて見え、近いほど早く動いて見えるという原理です。
このような原理によって体感速度が変わるのですが、これはトンネル内でも現れてきます。
視野ひらけている高速道路などを走行している時にトンネルに入ると、トンネルの壁面が近くになり早く動いて見えてしまうのです。
そうすると速度が速くなったと感じてしまうのです。しかしトンネルで注意しなければならないのは暗いトンネルです。
暗いトンネルの場合はこれまで動いていた周りの景色がなくなってしまい、動きを感じなくなり速度が落ちたように感じるのです。
スピードはメーターで確認することも大切です。

トンネルの中で起きる不思議な出来事

2015/03/08

道路上では単に舗装されている状態の道路だけではなく、トンネルに設定されている道路も用意されています。山などを切り拓いて作られた道路に多い傾向にあり、一般道路から有料道路など幅広い場所で見ることができます。トンネルの設置されている場所によって構造が大きく変わるものになりますが、例えばコンクリートで作られた柱で構成された日が差し込むタイプのものや、完全にコンクリートで覆われている照明付きのタイプなども存在しています。運転を行っている方の中にはトンネル内等で不思議に感じる出来事を体験される方も多く、常に安全を意識しながらドライビングを続けることが必要とされています。具体的には体感速度に関する内容があります。狭い空間では体感速度が上がることになり、スピード感が増すことになるために、減速を行って走行することも一つの安全策になります。他には光に関連する内容もあります。薄暗い空間でヘッドライトなどを点灯しながら走行していても、屋外に出た際には太陽光の明るさで周囲が見えにくい状態に陥ってしまう現象もあります。目が暗闇に慣れてしまうことによって起こる現象になりますが、常に走行している速度を確認し、周囲の環境に合わせて自動車を走行させることが何よりです。