幅寄せされているように見える理由

車を運転しているとどうしても不思議な感覚に陥る事が稀に起こる事があります。それは実際には起こってはいない事がほとんどです。特に多いのがトンネル内の事柄で、多くの事例が幅寄せをされたと思いこんでしまう事です。実際には相手側の車は幅寄せを行ってはいないのですが、感覚的には相手の車が自分の方に寄ってきている風に感じてしまう事です。これはトンネルと言う特殊な空間による目の錯覚が生み出ウェディング08す現象なのです。
通常で片側2車線であれば相手の車が近寄ってきているとは感じないのですがトンネル内は照明が薄暗く、昼夜灯ではなくオレンジ色の照明を使用している点があげられます。昼間であれば明るい空間からいきなり暗い空間に入って行くのですから目のストレス値は急激にあがります。照明のいろも目に与えるストレスは非常に高くなり、緊張状態がかなり高くなり錯覚を感じてしまうのが実情です。ただでさえドライビングしているだけでかなりのストレスを感じている所に視野の狭窄が足される事で、相手の車が自分に近寄って来る感覚に襲われからです。この現象は車を操作する方には必ずと言っていいほど起こる現象なので、初心者だけではなくベテランドライバーにも確実に起こります。
スピードの抑制と心のゆとりをもった操作が事故等を未然に防ぐ要因にもなりますのでこのような現象を感じた場合は、安全確認を徹底する事が大事だと言えます。

コメントは受け付けていません。