豆知識!前を走っている車が見えなくなる理由

自動車を運転するために大切になる部分としては、常に前方を確認することが必要とされていて、安全に走行させることが何より重要な項目とされています。しかし、道路状況や走行している場所によっては不思議な現象が発生してしまうことがあり、一定の注意を行うことが求められている内容を持っています。例えばトンネルなどを走行している時に、トンネル内を通過して屋外に出る瞬間などでは、天気の良い日の場合では特に太陽光によって眩しい光が目に入ってしまうことがあります。この場面では前方を走行している車両のボディカラーがホワイト系やシルバー系の場合では、特に消えてしまうような錯覚に陥ってしまうことがあります。これは蒸発現象とも呼ばれているものになり、目が明るさに慣れた際には、同じように明るいカラーの物体が見えなくなってしまう現象を言います。また、夕暮れ時などに空に夕焼けなどを目にする機会もあります。その際に前方の車両のボディカラーがダーク系の場合では、いわゆる溶け込みと呼ばれる現象によって、同じように視界から見えなくなってしまう現象が起きてしまうことがあります。これらは目の錯覚によって引き起こされるものになりますが、明るさが急激に変化するような場所では、予め車間距離を十分に保つことが必要とされています。

コメントは受け付けていません。