目の錯覚がもたらす危ないシーンとは

運転をしている最中に錯覚によってもたらされる危険なシーンとして、コリジョンコース現象と呼ばれるものがあります。
これは互いに同じ速度で走っている車が、見通しの良い交差点などで相手の認識をすることができなくなる現象のことで重大な事故に繋がりやすい危険な現象となっています。

互いに同じ速度で走行をしていると、常に相手の車というのは視野の中で同じ位置にいるため動いていないものだと錯覚をしてしまいます。
しかし、実際には双方が同じ速度で動いているため丁度交差点に差し掛かったところで、相手の存在に気づかずに事故を起こしてしまうことになるのです。
これは十勝型事故とも呼ばれるものとなっていて、見通しの良い場所で起きる事故となっているのです。
人間の感覚からいっても見通しの良い場所で、事故が起きるはずが無いという考えがあることで余計に事故が起こりやすいものとなっていて見通しが良いだけにスピードも出しやすく事故が発生してしまうと重大な事故となってしまいやすいものになっています。
このような事故を回避するためには見通しの良い交差点ほど、見落としがある可能性を考慮してスピードを落とし細心の注意を払って交差点を通過するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。