上り坂なのにスピードが出る理由とは

坂道を運転していると、目の錯覚を起こして危険な場合があります。たとえば、長い下り坂が続いているような道において、今走行している下り坂の先に、さらに緩やかな下り坂が続いている場合、その緩やかな下り坂が上り坂のように見えてしまうことがあります。ドライバーは上り坂だと思うので、下り坂ではあまり踏み込まなかったアクセルを強く踏み込もうとします。すると、思っているよりも急にスピードが出てびっくりしてしまいます。下り坂でアクセルを踏ウェディング09み込むのですから当たり前ですね。

これとは逆に、上り坂が続いているような道で、今上っている坂道の先に、さらに少し緩やかになった上りが続いていると、そこが下り坂に見えてしまうのです。そのため下り坂なのに、思った以上にスピードが出ないと思ってしまいます。このような坂道での錯覚は、人間の目が今いるところがだんだんと平面に見えてしまうことにあります。そのために、その先に続く道が同じ坂道であっても緩やかな道に変化していると、上りが下りに、下りが上りに見えてしまうことがあるのです。坂道のドライブでは、このような錯覚を起こすことがあることを意識して、アクセル操作には慎重になる必要があります。

コメントは受け付けていません。