注意!二輪車は小さい!実際よりも遠くに見える?

車とバイクにおける交通事故は多発していますが、そのなかでも上位を占めているのが、交差点で直進してくるバイクと右折する車によるものです。
同じような状況でも、車と車の場合とバイクと車の場合では事故率に差があります。
なぜこのような差が出るかというと、対向してくるバイクは車の運転手側から見ると、実際出ているスピードよりも遅く感じられ、また、距離も離れているように見えてしまいます。
その為に車のドライバーは、「まだ距離があるから大丈夫だろう」という判断ミスをしてしまい、右折を始めてしまいますが、実際にはバイクのスピードが出ている為に接触してしまい事故を起こしてしまいます。
これ以外にも駐車場から出る場合や、合流する場合にも同様に、後方から来るバイクのスピードを見誤り、車線に出たら接触、追突されてしまうという状況もあります。
しっかりと目視して十分に安全を確認したつもりでも、目が錯覚を起こしてしまっているので事故を起こす確率が高まってしまうのです。
ですので、車のドライバーは公道において二輪車は自分が思っているよりも速いスピードを出している場合があるということや、目が錯覚を起こしやすいということをしっかりと理解した上で車を走らせる必要があります。

コメントは受け付けていません。